アルビンエイリーアメリカンダンスシアター

 

 

1958年、振付家アルビン・ エイリー氏によって創立され、世界中で絶大な人気を誇るアメリカを代表するダンスカンパニー。エイリー氏振付「レベレーションズ」などの名作品を通して「 ヒューマニティー」をテーマに、人種を超えた「人間の喜怒哀楽」を踊る。魂溢れる情熱的な踊りを表現する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                                                                                                                          

 

 

 

 

 

 

年間200以上の公演をこなすツアーリングカンパニーで、現在までに全世界6大陸、 71カ国、全米48州にて公演し、約2300万人の観客を動員してきた。 アフリカ系アメリカ人ダンサー達を中心に構成されるカンパニーメンバーは、独特なリズム感と強靭な肉体を持ち、エネルギーと魂に満ち溢れた踊りをするスーパーダンサー達の集まりである。

 

レパートリーカンパニーとして、アメリカンモダンダンスを中心としながら、コンテンポラリー、ジャズ、ヒップホップ、アフリカンダンスと実に幅広いスタイルの作品を上演する。ダンサー達はジャンルにこだわることなく、自由自在に様々なスタイルを踊りこなすことができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                                                                                                        Photo: Milan Misko

 

毎年行われるカンパニー入団オーデションには、数百人というダンサー達が全米から集まる。カンパニー付属の学校、エイリースクールでは毎年3000人に及ぶ生徒たちが在籍、ジュニアカンパニーであるエイリー2、そしてトップカンパニーへの昇進を夢を見て学んでいる。現在カンパニーの80パーセントが、エイリースクール、エイリー2の卒業生であり、激しい競争に勝ち残ってきたエリートダンサー達である。

 

2011年7月1日付けで、カンパニーの新芸術監督に振付家ロバート・バトル氏が就任。創立者のエイリー氏が死去された1989年から22年間カンパニーを更なる成功に導いたジュディス・ ジャミソン前芸術監督に次いで、バトル氏が第3代目の新芸術監督となる。

                                                                                                                                                                                                                                                                                             

 

 

 

                                                                                                                                                                                                                     Photo:Andrew Eccles

Photo:Andrew Eccles

ALL RIGHTS RESERVED 2019 © KANJI SEGAWA