March 12, 2020

アイオワシティは、エイリーカンパニーが1973年から公演を続けており、私が入団してからも2014年に一度訪れている。劇場の横に流れる川が10年ほど前に大洪水となり、古い劇場が水で廃墟となってしまい、その後新しい劇場を建設。今回私達はその開設したばかりの新しく、美しいオペラハウスで公演する機会に恵まれた。

今シーズンも、カンパニークラス指導を担当。この日はモダンクラスを教え、ダンサー達と共にウォームアップ、1日のリハーサル、公演に向けて準備した。

March 9, 2020

ワシントンDCから始まったツアーも一ヶ月が経ち、ここシカゴで5週目に突入。リハーサル、公演、移動の連続であるが、ダンサー達疲労も見せず、みんないつも笑顔で笑いが絶えず、エネルギーを持って踊り乗り切っている。

ルーズベルト大学内にある、ここシカゴオーディトリウム劇場は、創立130年という長い歴史を持つ由緒ある劇場であり、ジョフリーバレエ団のホームシアターでもある。

オーディトリウム劇場、今シーズンの舞踊団ラインナップは、私達エイリーカンパニーの他に、アメリカンバレエシアター、ボリショイバレエ団の公演となるそうだ。

私達がシカゴに来る3月は、...

March 2, 2020

2年ぶりのナシュビル公演。ここでも私の妻ジェシカ・ラングの作品「EN」を上演したのだが、ここでのこの作品に対するお客さんの反応がすごかった!上演中から掛け声や拍手が終始続き、踊っている私達も袖に引くたびにその反応にサプライズで笑顔!最後、暗転と同時に「ブラボー!」の掛け声が飛び、お辞儀で明かりが点くと、全客席がスタンディングオベーションで迎えてくださった!そして、まだ公演そのものは終わりでないにも関わらず、「アンコール!」の掛け声までかかった!「EN」世界初演から2年が経ったが、今でも世界、全米各地でこうして多くの方々に観て感動して...

February 27, 2020

ここショーロット出身のエイリーダンサーで、私の良き友人であるコンスタンス・ステマューさんは、実生活で二人の子供がいるママさんダンサーである。彼女のホームタウンでの公演に、ニューヨークからご主人と二人の子供さんも応援に駆けつけた。彼女の踊りの醍醐味はその身体力の強さと大胆さ、ダイナミック!18分にも及ぶ名作ソロ「クライ」を迫力満点に踊りきった!

ショーロットに到着した夜に、コンスタンスさんの娘さんの誕生パーティーに招待された。テーマは「セーラームーン」、家族全員仮装をして楽しいパーティーとなった!

February 20, 2020

昨年訪れてから一年経った今も、Dr.フィリップセンターの拡大工事は今だ進行中。私達が公演をしたウォルトディズニー劇場を大劇場として、さらにバレエ、ダンス専用のオペラハウスが建築されるそうで、完成が楽しみである。

今年もオーランドでのカンパニークラスは、私が個人的にも交流のあるオーランドバレエ団ディレクターのロバート・ヒル氏さんに指導していただいた。エイリーダンサー達の多くはバレエファンであり、ロバートさんのエネルギー溢れテンポよく進んでいくバレエクラスをみんなエンジョイした!


偶然同じオーランドで仕事をしていた、私の古き友人で、ピラボ...

February 18, 2020

こちらも2年ぶりとなるメンフィスでの公演。

メンフィスは、黒人人権運動の歴史に根深い都市のひとつであり、マーティン・ルーサーキング牧師が暗殺されたのも、このメンフィスである。キング牧師が暗殺されたこのロレインモーテルは、現在では黒人人権運動の歴史を伝えるミュージアムとなっている。

「ブルース」発祥の地メンフィスで、音楽以外に私が毎回楽しみにしているのが、ここのグルメである!いわゆるサウザンフードのメッカの1都市であり、BBQ,フライドチキン、シーフードなど各分野の専門店が多くあり、中でも私がお気に入りの以下3店舗は別格である!

シーフード...

February 14, 2020

2年ぶりのチャペルヒルでの公演。ここは毎回、ノースキャロライナ各地からお客様が集まり、毎公演完全ソールドアウト。昔からの熱狂的なエイリーファンが根付いており、今回の公演も大変温かく迎えてくださった。

小さなカレッジタウンなので、あまりすることはないのだが、ここにある小さなAckland Art美術館へは毎回足を運ぶ。日本を始めとしたアジアの古典アートに力を入れていて、彫刻から絵画まで豊富なコレクションがある。

今回私が訪れた時は、スペシャル展示として、草間彌生さんのアートが披露されていた。斬新なアート、草間さんの作品は全米色々なところで...

February 11, 2020

2020年全米ツアー公演スタート!今年も由緒あるケネディセンターで華やかに開幕!

ケネディセンター、私達が踊るオペラハウスは、舞台上だけでなく、舞台両袖も広い。

楽屋内、パフォーマーとスタッフ用にある食堂での食事は、毎年私が楽しみにしていることのひとつ。何故かというと安くて美味しいだけでなく、食堂全体の壁は私の師匠マーク・マリス氏と彼の作品の写真で埋め尽くされている!

昨年来た時にはまだ建設中であったケネディセンターの新しい施設「リーチ」が、完成されていた。スティーブン・ホール氏による建築デザインで、いくつものスタジオを備えた中は、自然の...

Please reload

Featured Posts

カリフォルニア州ロサンゼルス

April 14, 2015

1/10
Please reload

Recent Posts

February 11, 2020

Please reload

Archive
Please reload

ALL RIGHTS RESERVED 2019 © KANJI SEGAWA