December 28, 2015

 

シティーセンター公演、早くも4週間が過ぎた!

 

毎年この時期になると疲労もピークに達してきて、けが人や病気をするダンサーが出るのだが、今シーズンは12月にしては暖かいニューヨークの気候も手伝って、カンパニー全員とても元気な様子なのはとてもいいことである。

 

とにかくエネルギー溢れる毎日、熱狂的なお客様の声援に応えるべき、私達ダンサーもエネルギー存分に踊り斬っている!残りあと1週間の8回公演、存分に楽しんで乗り切りたい!

 

 アルビンエイリー氏振付「メモリア」終演後、舞台上にて。

エイリースクールの生徒達も一緒に踊る大アンサンブル作品。日本...

December 24, 2015

クリフトン・ブラウンは、1999年から2011年までアルビンエイリーカンパニーのトップダンサーとして活躍した、アメリカモダンダンス界を代表するスターダンサーである。しなやかで柔軟な身体から発する超人的なテクニックに、彼のソフトな人間性が交わった彼の踊りは、観る人全てを魅了する。

 

そんなクリフトンと私はエイリースクール時代の同級生であり、16年来の親友である。1998年アリゾナ州から出てきたまだ当時18歳であったクリフトンは、その飛び抜けた才能で瞬く間にエイリースクールでも話題の生徒となり、当時若かりし頃の私も「うおー、本当にすごいの...

December 19, 2015

「ブルース組曲」、「クライ」、「ラブソングス」の3作品は全てアルビンエイリー氏によって振り付けされた古典名作であり、今シーズンの再演作品ハイライトとして上演される。

 

「ブルース組曲」は、アメリカ南部テキサスで育ったエイリー氏幼少時の記憶、ブラッドメモリーからインスパイアされた作品であり、ブルース音楽にのせて哀愁とヒューモアに溢れている。またこの作品は1958年、エイリーカンパニー結成デビュー公演をニューヨークで行ったときに発表された作品であり、「レベレーションズ」とならぶエイリー氏の代表作品である。「クライ」はジュディス・ジャミソン...

December 15, 2015

シティーセンター公演新作発表のひとつとして、芸術監督ロバート・バトル氏の世界初演作品「Awakening」の発表があった。15年間ロバートさんの踊りを踊ってきた私に取って、エイリーカンパニーとして初めて彼の新作発表を共に経験できることは、実に感無量であった。

 

初演当日に目を閉じて、私が想ったのはロバートさんの前カンパニー、バトルワークスで長年一緒に踊ってきたダンサー達の仲間のことであった。あの時代、ロバートさんと彼の作品を愛して捧げてきたバトルワークスのダンサー達。その中からエイリーカンパニーとして今もこうして彼の作品を踊ることがで...

December 8, 2015

 

エイリーカンパニー、毎冬恒例のニューヨークシーズンがいよいよ開幕した!

 

私達はこの歴史あるシティーセンター劇場のプリンシパルカンパニーであり、1971年から今年で実に44年目のシティーセンターシーズンを迎える。歴史を築かれてきた先輩エイリーダンサーの方々に大きな敬意を払うと同時に、それを繋ぐ私達の責任を感じながら、素晴らしいシーズンにしたいと心から誓う。

 

私にとってもこれが、早くも5年目のシーズンとなる。ツアーカンパニーである私達は世界中どこにいっても温かいお客様に迎えられるが、ニューヨーク公演はやはりひときわ特別である。地元ファ...

Please reload

Featured Posts

カリフォルニア州ロサンゼルス

April 14, 2015

1/10
Please reload

Recent Posts

February 11, 2020

Please reload

Archive
Please reload

ALL RIGHTS RESERVED 2019 © KANJI SEGAWA