シティーセンター公演 2015-6

5週間に渡ったニューヨークシーズンが終了した!

全39回公演(私が踊ったのは30回公演)、毎日活気に溢れ、たくさんの踊りと汗、エネルギー、感動と拍手があり、素晴らしいシーズンであった!

この5週間私自身、怪我と病気なく、全力で踊り斬ることができ、カンパニーの一員として自分の責任を果たすことが出来たことにまずホッとするのが素直な気持ちである。

そして次にサポートしていただいた多くの方々に対する、感謝の気持ちでいっぱいである。地元のニューヨーク公演であるので、多くの友人や家族、そして日本人のサポーターの方々など、実に多くの方々が公演に足を運んでくださった。ツアー公演が一年の半分以上を占める私たちにとって、ここホーム地で私たちを個人的に知っている方々に公演を見ていただく喜びは、とても特別である。

最後の週、最大のイベントは、エイリーカンパニー名誉芸術監督であるジュディス・ジャミソン女史のエイリーカンパニー入団50周年記念公演であった。12月31日、ニューイヤーズイブに行われた本公演は、「ブルース組曲」「クライ」などのエイリー氏古典作品を含めた特別プログラムで構成された。そして最後の演目「レベレーションズ」のあと、舞台上には芸術監督のロバート・バトル氏、副芸術監督の茶谷正純氏がジャミソン女史に花束贈呈し、ダンサー、スタッフ全員が舞台に登場。 ジャミソン女史のエイリーカンパニー、そしてアメリカ舞踊界における多大なる功績に対する敬意を表した。

同時に2015年をしめくくる最後の公演、舞台上に花火をバーン!と上げる豪華演出!で盛り上がった。華やかに終了したニューヨーク公演の閉幕と共に、2016年も開幕、エイリーカンパニー公演を世界の方々に捧げるべく、素晴らしい年となるよう今年も魂込めて踊り続けたいと誓う!

2015年12月31日  

ジュディス・ジャミソン女史、エイリーカンパニー入団50周年記念公演

クリントン大統領令嬢、チェルシー・クリントン女史を公演に迎えて。

2015年12月31日

実は私の誕生日でもあり。。。

舞台裏でダンサー達からのサプライズ!でハッピーバースデーを祝福してもらった!

41 views
Featured Posts
Recent Posts