テキサス州ヒューストン2016

ヒューストンバレエ団プリンシパルダンサーの加治屋百合子さんは、私の妹である。。。

っと、いうと私の本当の妹に怒られるが(笑)、少なくともアメリカにおいて”妹のような存在”である。

2001年ニューヨークに来たばかりの百合子さんと出会い、アメリカンバレエシアタースタジオカンパニーの彼女のデビュー公演観劇に始まり、長年数多くの思い出を一緒に作ってきた。私のアメリカにおける、もっとも大切なベストフレンドのひとりである。

パートナーのジャレド・マシューさん(ヒューストンバレエ団プリンシパル)と共に、2年前にアメリカンバレエシアターを去り、ヒューストンバレエ団に移籍。久しぶりの二人との再会、本当に数日の短い時間であったが、楽しい時間を過ごすことができた!

ヒューストン到着は飛行機が遅れて夜遅くなってしまった。。ホテルにチェックインすると、何も食べてないだろうと気を使ってくれた百合子さんが、手作りのおにぎり弁当を差し入れて会いに来てくれた!ありがとう!

ジャレドさんに私達エイリーカンパニーのカンパニークラス指導をお願いした。百合子さんも飛び入り参加、エイリーダンサーたちも大喜び!ジャレドさん、百合子さん達とその昔、ニューヨークのステップススタジオで、デビッド・ハワード氏のクラスを一緒に受けていた時代を思い出した。。久しぶりにみんなでお稽古、楽しかった!

ヒューストンバレエ団のビルは私達が公演していたジョーンズ劇場から歩いて5分のところにあり、ジャレドさん百合子さん二人に案内してもらった。アメリカ国内でトップクラスであろう、充実した施設に驚いた!広いスタジオの数々に劇場、セラピールームなどその全てが素晴らしい。昔アメリカンバレエシアターのJKOスクールで私の生徒であった木ノ内周君にも久しぶりの再会を果たした!彼も今シーズンからヒューストンバレエ団に入団した。素晴らしい才能を持ったダンサー、これからの成長がますます楽しみである。

公演後、劇場スポンサーの方の家で行われたレセプションにて。

「レベレーションズ」を踊る前の休憩中、茶谷さんのお心つかいで、百合子さん達を舞台袖に連れて来てくれた。みんなで記念写真撮影!これでヒューストン公演も無事終了!

174 views
Featured Posts
Recent Posts
Archive

ALL RIGHTS RESERVED 2020 © KANJI SEGAWA